ヒアルロン酸が運動に必要な理由

ヒアルロン酸が、運動を行うために必要なのは、関節と関節の間のクッションの状態を良好にするために必要だからです。軟骨の状態が悪くなってしまうと、クッションの機能が悪くなり、運動を行うことが難しくなってしまいます。
ヒアルロン酸は、関節の間のクッションを柔らかくする働きがあります。関節は運動中には、常に動くことになります。このため、関節の間のクッションが硬くなってしまうと、体を動かす際に、骨と骨との摩擦が大きくなってしまい、痛みが発生してしまうことになるのです。これがどんどん大きくなってしまうと、体を動かすことが難しいほどの痛みが出てきてしまうのです。
ヒアルロン酸の体内での合成量は、年齢を重ねるとともに減少していきます。お年寄りが歩くたびに痛みが発生してしまうのは、軟骨がすり減っているからなのです。なので年齢を重ねたとしても、健康的に体を動かしたいのならば、体に十分なヒアルロン酸が必要となるのです。