ヒアルロン酸で涙袋の整形

目元

可愛くて憧れを抱いている多くの芸能人に涙袋があることから、涙袋があれば良いのにと感じている人は少なくないと思います。

涙袋整形で一番一般的なのがヒアルロン酸注入ですが、実は色々と種類があります。代表的なヒアルロン酸注入の種類で言えば「レスチレン・ビタール」「テオシアル・リデンシティⅡ」「ベロテロ(エセリス)ソフト」などがあります。あまりに柔らかいヒアルロン酸だと注入してから徐々に広がってくるリスクがあり、逆に硬いと凹凸が出るリスクがあります。

そのため、使用する医師によって好みが別れることがあるので、自分のニーズに合ったクリニックを見つけるために何箇所かカウンセリングを受けることをおすすめします。また、ヒアルロン酸を使用した場合、涙袋整形の持続期間はおよそ9ヶ月です。涙袋は柔らかいヒアルロン酸を使用するため、他の部位に使うよりも持続期間が短いことが多いです。短い人だと6ヶ月も効果が持続しないことがあるため、注意が必要です。

さらにヒアルロン酸注入のデメリットとして挙げられるのが、内出血や腫れが出ることがある点です。目の周りは皮膚が薄く柔らかいので内出血が目立ちやすく、内出血が出た場合は1週間程度色が消えないことがあります。

女医