ヒアルロン酸の医薬品への応用

肌の潤いを保持する効果があるヒアルロン酸は、美容液や化粧水など様々なコスメに保湿成分として用いられていますが、人間の肌にも存在している安全な物質であることから医薬品への応用も進んでいます。

たとえば、加齢などの影響で膝の関節の軟骨がすり減ることによって激痛が生じる「変形性膝関節症」などの治療で用いられる関節機能改善剤(注射液)に利用されています。
潤滑液として関節の負担を軽減する役割を持つ関節液が減少すると、膝の痛みが生じやすくなりますが、この関節液の主成分はヒアルロン酸なので、減少した分をこの注射液で補うことで関節痛を軽減する効果が期待できるというわけです。
また、ヒアルロン酸は元々人間の皮膚や軟骨組織などに多く存在する物質で身体に塗っても拒絶反応が生じにくい安全性の高い物質なので、皮膚や粘膜を保護する医薬品として利用されています。
具体的には、外科手術後の癒着を防止する薬や皮膚科で処方される塗り薬などに利用されており、眼科では白内障などの手術にも用いられています。
また、最近ではヒアルロン酸の保湿効果の高さを活かしてドライアイを治療するための目薬としても応用されているなど、様々な分野の医薬品に応用され、大活躍しているのです。