ヒアルロン酸の基本

液体

ヒアルロン酸というと、さまざまなメディアで取り上げられており、美容に役立つ成分として名高いものですが、具体的な効果効能はあまり知られていません。

そもそもヒアルロン酸とはどのような物質なのかというと、N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸とによって構成された高分子の糖です。これはもともと人間の体の中にあるもので、細胞と細胞の隙間をつなげてくれるようなものです。人の体には不可欠で、保湿力や水分保持力を担っています。

これはとてもねばねばしていて分子が大きい物質なので、化粧品として肌に塗っても吸収されることはありません。ですが、肌の表面に留まることで水分の蒸散を防ぐことができ、高い保湿効果を得ることができます。

また、肌に直接注射などで注入することで、肌のたるみなどの解消が期待できます。以前は経口摂取はあまり効果がないといわれていましたが、現在は吸収されやすいヒアルロン酸が研究されており、肌の美容に効果の上がるものもある、といわれています。

注入

ヒアルロン酸注射の進化

水

ヒアルロン酸注射と言うのは進化を続けています。今まではワンショット一針が当たり前でしたが、すでに過去のものとなりつつあります。現在では特殊なマシーンが開発されたことによってワンショット5針によって注入が可能となりました。

その手法は水光注射として広く用いられています。今までのようなヒアルロン酸注射と異なるのは、全てコンピュータ入力で美容液の分量や針の深さまでとにかくすべてを設定することができるので医師の腕前に左右されにくいというメリットが最大に生かされています。

医師の腕前にかなり左右されていたヒアルロン酸注入ですが、コンピュータ入力一つで自由自在にできるようになりました。麻酔クリームを塗ってから注入を行います。皮膚の表面に血がにじみますが、麻酔クリームを塗っているので痛みを感じることはありません。施術後に血液を拭き取るので、その後は化粧をしてから家に帰ることが出来る画期的な手法として注目されています。

カウンセリング鏡でチェック